日米が台湾海峡の重要性を確認 邱国防相「プラスに働く」と歓迎

2021/03/17 15:03

日米両政府による安全保障協議委員会(日米2プラス2)で、台湾海峡の平和と安定の重要性が確認された。これを受け、邱国正(きゅうこくしょう)国防部長(国防相)は17日、メディアの取材に応じ、台湾が強大な敵国からの圧力を受けても、日米が認識を共有していれば協力面で「プラスに働く」と歓迎し、成果への期待を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。