台湾、「社会的距離」行動指針を策定 娯楽施設への出入り自粛を要請

2020/04/02 11:18

中央感染症指揮センターは1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、他人と一定の間隔を保つ「社会的距離」措置の行動指針を発表した。当面は強制力のない「要請」の段階とし、不特定の人が利用する公共の場では、室内の場合1.5メートル以上、屋外は1メートル以上距離をとることや娯楽施設への出入り自粛を求める。規定の間隔が確保できない場所については、営業停止を促す。感染状況が深刻化すれば、強制力を持つ第2段階に移行し、生活に必要ではない活動を全面的に禁止するとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。