アプリで読む
ダウンロード

中国の台湾メディア介入を危惧=米人権報告書

2020/03/13 11:48

米国務省は11日、199カ国・地域を対象とした2019年版の人権報告書を発表した。台湾に関しては、中国によるメディア介入を危惧しており、北京当局が中国で活動する台湾企業に圧力をかけ、意にそぐわない報道をするメディアから広告を取り下げていることなどが指摘された。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107