蔡総統、台湾いじめを拒否 自身への中傷に反論 中国との差アピールも

2019/02/25 19:10

蔡英文総統は25日、台湾は中国からのいじめを受け入れられないとする立場をフェイスブックで改めて示し、「この点について性別は関係なく、あるのは士気のみ」だと訴えた。前日に女性タレントから向けられた中傷に反論した形。文末には「#台湾の総統が議論の対象になるのは日常茶飯事だからお札(ふだ)を書かなくても大丈夫」とのハッシュタグを添え、習近平氏を揶揄(やゆ)しているとして台湾のゲームを問題視した中国との差もアピールした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。