原発の運転延長せず 2年以内は火力発電年1%減少へ=経済部/台湾

2019/02/01 13:27

昨年11月に実施された国民投票で、政府が推進する脱原発政策に反対する3つの案が全て可決されたのを受け、経済部(経済省)は1月31日、既存の原子力発電所の運転延長や凍結中の第4原発(新北市貢寮区)の凍結解除をそれぞれ行わないことを決め、火力発電に関しては投票結果が効力を持つ2年以内は年1%ずつ発電量を削減させると発表した。沈栄津部長(経済相)は、電力の安定供給は可能だとした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。