アプリで読む
ダウンロード

米海軍作戦部長、台湾海峡における航行の自由「引き続き守る」

2018/10/30 14:37

米海軍のジョン・M・リチャードソン作戦部長は29日、台湾海峡について、その一部は国際水域だとし、「誰でも航行可能だ」との見方を示した。また、これらの海域は「航行の自由」の基礎となる公共領域だと述べ、同海域において米海軍は「航行の自由を引き続き守る」との方針を示し、台湾は米国を「頼りにしてもいい」と述べた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.223