ドミニカ共和国断交 中華民国外相が中国大陸を強く非難「圧力に屈しない」

2018/05/01 14:13

カリブ海の島国ドミニカ共和国が中国大陸と外交関係を結ぶと明らかにしたのを受け、呉ショウ燮外交部長(外相)は1日、中国大陸に対し、巨額の金銭援助などの「金銭外交」で中華民国(台湾)の国交樹立国を引き抜く行為を「深く軽蔑し、断固として非難する」とし、「政府は北京の圧力に決して屈しない」と述べた。外交部で記者会見を開き、声明を発表した。(ショウ=金へんにりっとう)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。