韓国、台湾との協力も検討 慰安婦の記憶遺産登録計画で

2014/01/15 18:29

韓国の女性家族省は15日、旧日本軍の従軍慰安婦に関する記録を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録する計画の一環として、台湾や中国大陸、東南アジアなどの関係者らと協力したい考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。