アプリで読む
ダウンロード

来年開催のワールドマスターズゲームズ、マスコットお披露目 中国語の愛称は「壮宝」

2024/05/11 11:35
9日、台北市内でお披露目されたワールドマスターズゲームズの大会マスコット「Strong」(壮宝)=張新偉撮影
9日、台北市内でお披露目されたワールドマスターズゲームズの大会マスコット「Strong」(壮宝)=張新偉撮影

北部・台北市と新北市で来年5月17日、中高齢者を対象とする世界規模の国際総合競技大会「ワールドマスターズゲームズ」(双北世界壮年運動会)が開幕する。大会マスコット「Strong」が9日、台北市庁舎でお披露目され、「壮宝」という中国語の愛称が決定したことも発表された。

蒋万安(しょうばんあん)台北市長と侯友宜(こうゆうぎ)新北市長が同日のPR記者会見で明らかにした。

壮宝は両市の名前にある「北」をイメージした形をしており、ピンクと青の2色を持つ。青は信頼、冷静さと団結を、ピンクは情熱とバイタのリティをそれぞれ意味する。また、「壮」の文字はStrongの意味と発音から来ており、「宝」には「大会の宝物」という意味が込められている。

同大会は国際マスターズゲームズ協会(IMGA)によって4年に1回開かれ、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加できる。蒋市長によれば、現在、すでに1万人以上が参加を申し込んでいるという。

(陳昱婷/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20