アプリで読む
ダウンロード

台中でラマダン明け祝うイベント ハラル食の屋台やダンスなど/台湾

2024/04/15 12:19
旧台中駅前の特設ステージで披露されたダンスの様子=交通部観光署参山国家風景区管理処提供
旧台中駅前の特設ステージで披露されたダンスの様子=交通部観光署参山国家風景区管理処提供

中部・台中市の旧台中駅前広場で14日、イスラム教の断食月「ラマダン」明けの祝祭「イード」に合わせたイベント「2024中台湾ムスリムフェスティバル」が開かれた。イスラム教の戒律に従ったハラル食の屋台販売の他、インドネシアやベトナムの伝統的なダンスの披露などが行われた。

交通部(交通省)観光署参山国家風景区管理処が、中部の4県市(台中市、彰化県、南投県、苗栗県)の協力の下で実施。同処は文化交流を促進するとともにムスリム(イスラム教徒)にやさしい旅行環境の普及に力を入れたいとしている。

台湾は昨年、ムスリム旅行者目線で各国を評価する米マスターカード発表の「世界ムスリム旅行指数(GMTI)」で、非イスラム圏の3位に選ばれた。同処によれば台湾には留学生や配偶者、移民労働者など約30万人のムスリムが暮らしている。

(趙麗妍/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
ハラル食の販売も行われた=交通部観光署参山国家風景区管理処提供
ハラル食の販売も行われた=交通部観光署参山国家風景区管理処提供
会場に集まった参加者ら=交通部観光署参山国家風景区管理処提供
会場に集まった参加者ら=交通部観光署参山国家風景区管理処提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104