アプリで読む
ダウンロード

台湾が3位 主将の陳傑憲ら、ベストナインに選出 アジアCS

2023/11/21 18:41
3位決定戦の試合後、観客らにお辞儀する台湾代表(CPBL提供)
3位決定戦の試合後、観客らにお辞儀する台湾代表(CPBL提供)

アジアプロ野球チャンピオンシップは19日、東京ドームで閉幕し、台湾が同日の3位決定戦でオーストラリアをサヨナラで下した。

台湾は16日の初戦で日本に完封負けしたものの、17日にオーストラリアを6-0で破り大会初勝利を挙げた。18日の韓国戦に敗れ決勝進出を逃すも、3位決定戦を制して勝率を2勝2敗の5割とした。2017年の第1回大会では、2戦全敗の最下位(3位)に甘んじた。

またベストナインには、陳傑憲(指名打者部門)と郭天信(外野手部門)が選ばれた。主将の陳は、17日のオーストラリア戦で延長タイブレークの十回に決勝打を放ち、チームの連続イニング無得点を18で止めた。郭は19日の3位決定戦でサヨナラ打を放つなど、今大会でチーム最多となる5安打をマークした。

(編集:羅友辰)

ベストナインに選ばれた郭天信(左、facebook.com/WC.DragonBaseballから)と陳傑憲(右、facebook.com/unilionsから)
ベストナインに選ばれた郭天信(左、facebook.com/WC.DragonBaseballから)と陳傑憲(右、facebook.com/unilionsから)
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。