アプリで読む
ダウンロード

高雄の主要橋梁に高さ16メートルのモンスター出現 怖くて可愛い? 

2022/08/27 15:50
高雄市政府提供
高雄市政府提供

南部・高雄市の主要橋梁の一つ、甲仙大橋に高さ16メートルに及ぶ巨大な紫色のモンスターが出現した。陳其邁市長は27日、フェイスブックを更新。「年に一度のタロイモとタケノコのPRイベントが今年もやってきた」とつづり、来訪を呼び掛けた。

台湾では、タロイモは「芋頭」といい、薄い紫色をしている。このことから巨大モンスターは体が同じ色に施され、「タロイモをどうぞ」という意味の台湾語の名前「芋頭吼哩」がつけられている。イベントをPRするために設置されたもので、計4種類あり、形がそれぞれ異なるという。

甲仙は同市北東部の山の方に位置する。豊かな自然に囲まれた地域で、タロイモやタケノコの産地としても知られる。より多くの人たちにこれらの農産物を知ってもらおうと、地元では毎年「甲仙芋筍節」が行われ、今年は28日に開かれる。

イベントは同日午前10時から午後5時まで続く。DIYが学べる体験レッスンやグルメ、展示コーナーなどが用意され、地元の文化に触れることができるとされる。大型インスタレーションは来月4日まで展示される。

(曽以寧/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.206