ロケット弾搭載のF5戦闘機、市民らがカメラ向ける/台湾・台東

2022/08/17 15:45
ロケットポッドを搭載したF5E戦闘機=読者提供
ロケットポッドを搭載したF5E戦闘機=読者提供

(台東中央社)東部・台東県で17日、空軍の志航基地に所属するF5E戦闘機1機がLAU51ロケットポッドを搭載し、基地を飛び立った。その光景に、周辺の住民や隣県の花蓮から駆け付けた軍事マニアがカメラを向けていた。

基地の近くに住むという市民は、「白いロケットポッドを搭載するF5は珍しい。ラッキーだ」とはしゃいだ。この市民によると、F5がよく装備するのは空対空ミサイルのサイドワインダー(AIM9)だという。

戦闘機マニアの游さんは、花蓮の沖合で実施される訓練のため基地を離れたのではと話した。

(盧太城/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。