中国の軍事演習 台湾の漁業や海洋観光への影響少なく

2022/08/04 18:13

中国軍は4日、台湾周辺で軍事演習を実施した。現在のところ、南部・高雄や東部・花蓮の港では、普段通りの光景が広がり、漁業や海洋観光に大きな影響は出ていない。

花蓮区漁会(漁協)の林俊吉総幹事によると、夏は水温が高く、漁獲量が多くないため、多くの漁船が休漁期に入っているという。この日も一部の漁船が出港したとしながらも、操業海域は演習区域から距離があり、影響は大きくなく、クジラ観賞船も通常通り運航されたと話した。

高雄の梓官区漁会の劉連登主任秘書も、台風の影響で波が高く、今が旬の魚の種類も少ないのに加え、燃料価格の上昇で多くの漁船が休漁しているとし、影響は大きくないと語った。

一方、花蓮空港の林国勇主任は空の便について、この日の出発便は定刻通り離陸したと説明した。

(蔡孟妤、張祈/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。