陽岱鋼、今季2号 5試合連続安打/米独立リーグ

2022/06/30 16:13
野球のプレミア12に台湾代表として出場した陽岱鋼=2015年11月12日、台中市
野球のプレミア12に台湾代表として出場した陽岱鋼=2015年11月12日、台中市

(台北中央社)昨季限りで巨人を退団し、米独立リーグ、アメリカン・アソシエーションの新球団レークカントリーに入団した陽岱鋼が29日(台湾時間30日)、ミルウォーキーとの試合で今季2号ソロを放ち、5試合連続安打とした。

この日、「7番・中堅」で先発出場した陽。一回に右飛に倒れ、四回と八回も三振に打ち取られたが、六回には大きなアーチをかけた。陽が本塁打を打つのは5月20日以来約1カ月ぶり。

陽は6月6日まで6試合連続無安打となっていたが、7日以降は復調し、8日と11日の試合でそれぞれ2安打をマークした。打率は2割1分3厘。

試合はレークカントリーが9-0で勝利し2連勝とした。

(黄巧雯/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。