DEEP SQUAD、台湾でのコンサート開催願う=台湾メディアの取材に

2022/05/12 15:33
日本の6人組コーラスグループ「DEEP SQUAD」。左から比嘉涼樹、TAKA、宇原雄飛、杉山亮司、YUICHIRO、KEISEI=LDH提供
日本の6人組コーラスグループ「DEEP SQUAD」。左から比嘉涼樹、TAKA、宇原雄飛、杉山亮司、YUICHIRO、KEISEI=LDH提供

(台北中央社)日本の6人組コーラスグループ「DEEP SQUAD」が11日、台湾メディアの合同リモート取材に応じ、台湾でのコンサート開催を望む気持ちなどを語った。

テレビドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のテーマソングとして楽曲が使用されたのをきっかけに台湾でも注目を集めているDEEP SQUAD。挿入歌を担当した映画「チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜」は台湾でも先月公開された。

台湾への印象について、独特の味や食感を持つ食べ物が好きだというKEISEIは「臭豆腐」に挑戦してみたいと話す。今度台湾を訪れた際には、1キロの臭豆腐を食べたいと豪語した。TAKAは、夜景スポットとして知られる台北市信義区の「象山」で夜景と台北101を見てみたいと語った。

比嘉涼樹は、グループの海外初公演を台湾でできればと意欲を示した。

KEISEIは台湾ドラマ「華燈初上 -夜を生きる女たち-」を見たことを明かし、同作に楽曲で参加したロックバンド「メイデイ」(五月天)や「アキューズファイブ」(告五人)とコラボレーションしてみたいと期待を寄せる。温かい歌声に感動したと話した。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。