台湾の彭名揚が優勝 静岡国際陸上男子400障害

2022/05/03 18:54
男子400メートル障害で優勝した彭名揚=中華民国陸上協会提供
男子400メートル障害で優勝した彭名揚=中華民国陸上協会提供

(台北中央社)陸上の静岡国際は3日、男子400メートル障害決勝が行われ、台湾の彭名揚が49秒39で優勝した。彭はレース後、「ゴール前に両脚がつりそうなことに気付いた」と予想外のアクシデントが発生していたことを明かした。

現在23歳の彭は大学に入ってからハードル競技に挑戦し始めた遅咲き型の選手。1日に大阪で開かれた木南道孝記念の男子400メートル障害決勝では自己ベストの49秒32をマークした。

中1日で迎えた静岡国際。曽孝生コーチは、休養日が少ない中で好成績を収めるのは容易ではないと話し、彭の技術面を改善すれば48秒台の達成は近いと期待を寄せた。

(龍柏安/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。