西武・呉念庭、来週にも渡日 春季キャンプに参加へ/台湾

2022/01/06 13:18
西武の呉念庭選手
西武の呉念庭選手

(台北中央社)西武ライオンズの呉念庭は5日、台北市内で開かれた高校野球リーグの記者会見に出席し、来週にも日本へ渡航してチームに合流する考えを示した。新シーズンでは自分自身の価値と競争力を高めたいとしている。

シーズンオフに台湾へ戻った呉は、昨年と同様に父親の呉復連がコーチを務める社会人チームの台北興富発で自主トレーニングを実施。「去年この練習をしたら大きな収穫があった」と語り、今年の成果にも期待を寄せた。

トレーニング以外の時間は家族と過ごし、この日も南部・台南から帰って来たばかりだった呉。ずっと食べたかったという名物の牛肉スープにありつけたと喜びを語った。

日本へ渡航後は2週間の隔離と自主トレーニングを経て、2月1日から始まる春季キャンプに参加する予定。今年の目標については、監督が起用したいと思った時にすぐに実力が出せるようにしたいと語った。

(楊啓芳/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。