台湾代表、侍ジャパンと交流試合へ 来年3月に東京ドームで

2021/11/23 16:57
統一ライオンズの林岳平監督=資料写真
統一ライオンズの林岳平監督=資料写真

(台北中央社)台湾のプロ野球リーグ、中華職業棒球大聯盟(CPBL)の蔡其昌会長は22日、侍ジャパンとの交流試合を来年3月5日と6日に東京ドームで行うと明らかにした。

CPBLの会議の後、報道陣の取材に応じた。昨年、優勝を手にし、今季も2連覇を懸けて台湾シリーズを戦う統一ライオンズの林岳平監督が指揮を執る。

新型コロナウイルス対策については、日本では選手を隔離させず、外部とも接触させない「バブル方式」を採用。台湾への帰国後の措置については調整中だという。

蔡氏は、日本との交流試合は今後、相互訪問の形で行えればとの考えを示した。

(謝静雯/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。