学生らに親しまれた書店、34年の歴史に幕 多くの客が閉店惜しむ/台湾

2018/06/25 14:00

書店街として知られる台北市の重慶南路で34年にあたり営業してきた「金石堂書店城中店」が24日、店を閉じた。最後の営業日となったこの日、多くの客が来店し、店内を撮影するなどして閉店を惜しんだ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。