日本時代に建設の“鉄道の病院” 修復に向けた骨子まとまる/台湾

2016/06/21 12:37

鄭麗君文化部長(文化相)は20日、日本統治時代の1935(昭和10)年に建設され、“鉄道の病院”と呼ばれた台湾鉄路管理局(台鉄)の元車両基地、台北機廠(台北市)の修復について、交通部(交通省)や台鉄との間で共通認識に達したと明かした。文化部(文化省)は所有者の台鉄から同地を借用する形で修復を進め、鉄道博物館として再活用する方針。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。