台湾「唐奨」漢学賞のド・バリー氏、宋明理学の研究に尽力

2016/06/20 13:01

東洋のノーベル賞とされる「唐奨」の第2回漢学賞受賞者に選ばれたウィリアム・セオドア・ド・バリー氏は、生涯を儒教史研究に捧げてきた。特に注力するのは宋明理学の研究。60年近くの教員人生において、台湾と中国大陸を幾度となく訪問してきたド・バリー氏は、台湾の中華文化保存への努力を高く評価している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。