台湾プロ野球のイケメン選手、地元球児の日本野球留学を後押し

2015/08/01 20:34

台湾プロ野球・中信兄弟の周思斉選手(33)は7月31日、将来性のある地元球児を日本に野球留学させるための募金プロジェクトを始めると発表した。5年以内に3000万台湾元(約1億1700万円)を集めたいとしている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。