アプリで読む
ダウンロード

台湾プロ・統一ライオンズ、高塩将樹投手と契約 社会人野球出身の35歳

2024/07/10 19:05
統一ライオンズの高塩将樹投手(球団提供)
統一ライオンズの高塩将樹投手(球団提供)

(台北中央社)台湾プロ野球(CPBL)、統一ライオンズは10日、先月行われたドラフト会議で6巡目で指名した高塩将樹投手と契約したと発表した。高塩は神奈川大を卒業後、日本の社会人野球や独立リーグ、台湾の社会人野球などでプレー経験を重ねた35歳の右腕。

球団によれば2年6カ月契約で、契約金は110万台湾元(約540万円)プラス出来高40万元(約200万円)。月給は8万5千元(約42万円)が来年まで保障される他、1軍に昇格すれば10万元(約50万円)となる。球団は高塩が1軍のリリーフ陣の一角を担い、チームに良い成績をもたらすのを期待しているとした。

CPBLのドラフトは21年末のルール改正により「台湾在住満5年かつ台湾のアマチュアチームに3年以上在籍」など一定条件を満たした外国人にも対象が広げられた。高塩はドラフトで指名を受け入団した外国人選手第1号となった。

高塩はすでに2軍に帯同して練習に参加しているという。

(楊啓芳/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.49