アプリで読む
ダウンロード

上野樹里、8年ぶりに台湾訪問 「心が解かされてリラックスしていく」

2023/12/09 19:23
ポーズを決める(左から)ファン・ペイチャ、上野樹里、熊澤尚人監督
ポーズを決める(左から)ファン・ペイチャ、上野樹里、熊澤尚人監督

(台北中央社)8年ぶりに台湾を訪問した俳優の上野樹里が9日、台北市内で主演映画「隣人X -疑惑の彼女-」の熊澤尚人監督や共演した台湾人俳優のファン・ペイチャ(黄姵嘉)らと報道陣の取材を受けた。台湾について「心がどんどん解かされて、すごくリラックスしていく」、「(訪台後から)体の調子もすごく良い」と語った。

上野と熊澤監督は8日、台湾に到着。台北松山空港では大勢のファンの出迎えを受けた。夜には小籠包を食べた他、台北市の饒河夜市を散策しながらライブ配信を行い、台湾のファンと交流するなどした。

上野は台湾の人について、警戒心を持たず、自然体で、人の目を気にしていないとし「これが自然だよな」、「この風景は日本では見られない」と目を潤ませながら「台湾に来て、人がいるって温かいんだなとか、一人でいても一人じゃないと感じる」と語った。

また「大事な感覚を台湾に来て思い出させてもらえた」、「当たり前のことを自分の中で欲してたんだなという感覚が、今台湾に来て満たされてきている」と心境を吐露し「(台湾に来られて)良かったです」と話した。

(王心妤/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.209