台湾と日本のスタートアップつなぐイベント デジタル転換向け協力促進

2022/07/06 13:19
台湾と日本のスタートアップつなぐイベント デジタル転換向け協力促進
台湾と日本のスタートアップつなぐイベント デジタル転換向け協力促進

(東京中央社)東京都内で5日、台湾と日本のスタートアップ企業をつなぐ「日本・台湾スタートアップサミット2022」が行われた。デジタル転換における協力の機会の模索が主な狙いで、国家発展委員会(国発会)の高仙桂(こうせんけい)副主任委員(副大臣)は、台湾と日本のスタートアップ企業の連携強化に期待を示した。

国発会が立ち上げた「Startup Island TAIWAN」によるイベントで、台湾からは30社余りが参加。6日までの2日間の日程で、台湾のスタートアップ企業の強みや技術を紹介し、日本の企業や投資家とつなげる。日本側の参加者は500人以上に上るという。

高氏は5日の記者会見で、新型コロナウイルスの流行や米中貿易戦争で各国はデジタル転換の促進を余儀なくされており、各国にとって重要な競争力の要因になると指摘。転換において最も重要なのは技術革新だとし、台日間の協力を通じてウィンウィンになればとの考えを示した。

記者会見では、参加した台湾と日本の企業間で協力に向けた文書が交わされた。

(楊明珠/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。