行政院がまとめた台湾鉄道改革案に労組が抗議「事前に意思疎通なかった」

2022/03/23 17:54

台湾鉄路管理局(台鉄)の複数の労働組合は23日、行政院(内閣)が今月3日に閣議決定した台鉄法人化を巡る改革草案について、事前に労組との意思疎通がなく「偽の改革だ」として抗議した。労組側の発表によると、この日は職員1000人以上がデモを行い、立法院(国会)に対して陳情書を提出した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。