チャイナエアラインの貨物収入、創業以来最高 低温流通は急成長/台湾

2022/01/11 18:33
チャイナエアラインの貨物機=同社提供
チャイナエアラインの貨物機=同社提供

(台北中央社)チャイナエアライン(中華航空)は11日、昨年の年間貨物収入が1000億台湾元(約4160億円)を突破し、創業以来62年間で最高を記録したと明らかにした。特にコールドチェーン(低温物流)では新型コロナウイルス前の2倍になったとしている。

同社は21機の貨物機を保有し、毎月約540便の貨物便を運航。昨年12月の貨物収入は154億元(約640億円)となり、5カ月連続で100億元を上回ったほか、単月としても過去最高となったという。

また新型コロナワクチンに関しては、台湾が購入したもの以外に東南アジアやオセアニアの多くの国への輸送を担い、これまでに少なくとも総重量350トン、7500万回分を運んだとしている。

同社は、引き続き貨物輸送に重点を置きながら、旅客輸送市場の状況を注視して安定した運営を図る考えを示した。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。