台湾の失業率、10月は3.83%に改善 半年ぶりの低水準

2021/11/22 18:45
台湾の失業率、10月は3.83%に改善 半年ぶりの低水準
台湾の失業率、10月は3.83%に改善 半年ぶりの低水準

(台北中央社)行政院(内閣)主計総処が22日発表した10月の人的資源調査統計によると、失業率は3.83%に低下し、今年4月(3.64%)以来半年ぶりの低水準となった。失業率の改善は4カ月連続。

10月の失業者数は45万6000人。前月に比べ1万5000人減った。失業率は前月比0.13ポイント減。

(潘姿羽/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。