コンビニ利用回数、年平均137回 外食購入での利用が増加/台湾

2021/07/20 19:01

公平交易委員会(公正取引委員会に相当)が20日に発表した台湾の主要コンビニエンスストアの経営状況に関する調査報告によれば、2020年の1人当たりの平均利用回数は137回だった。1回当たりの消費額は84.16台湾元(約328円)で前年比1.54元(約6円)増えた。外食購入での利用が伸びているという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。