台湾店で導入のシステムに批判殺到 一蘭が謝罪「価格設定不当だった」

2017/06/12 18:11

今月15日にオープンする台湾1号店で導入予定の座席優先案内サービスに批判が殺到しているのを受け、博多ラーメンの一蘭は11日夜、一蘭台湾の公式フェイスブックに謝罪文を掲載した。「台湾と日本の消費文化には差異があり、貨幣を直接換算して定価を設定するのは確かに妥当でなかった」と非を認めている。海外広報担当者は12日、報道陣の取材に対し、サービスは予定通り導入すると明らかにした。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。