台日美術交流展、作品116点 主催者、規模拡大に期待

2022/08/11 17:29
美術交流展の開会式に臨む台日美術協会の林吉裕理事長(前列右から4人目)、日本台湾交流協会台北事務所の村嶋郁代広報文化部長(同3人目)ら
美術交流展の開会式に臨む台日美術協会の林吉裕理事長(前列右から4人目)、日本台湾交流協会台北事務所の村嶋郁代広報文化部長(同3人目)ら

(台北中央社)台北市内の中正紀念堂で10日、「第48回台日美術交流展」が始まった。21日まで続き、会場には作品116点が並ぶ。主催する台日美術協会の林吉裕理事長は、新型コロナウイルスの影響が続いているものの、同展を開催できたことに喜びを示し、今後の規模拡大に期待を寄せた。

台湾と日本60人の芸術家が出展。116点のうち、80点が台湾の作家のもので、36点が日本の作家の作品。現代美術家の他、台湾に影響を与えた石川欽一郎や黒田重太郎などの作品も展示されているという。

日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の村嶋郁代広報文化部長は、同協会のこれまでの貢献に感謝し、コロナ下でも多くの芸術家が創作を続けていることに敬意を表した。

(李亨山、郭姸妤/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。