ライセンシングジャパンに台湾発10キャラクター 29日から

2022/06/27 16:40
東京ビッグサイトで26日に始まる「第12回ライセンシングジャパン」の台湾パビリオンに出展される台湾発のキャラクター(TAICCA提供)
東京ビッグサイトで26日に始まる「第12回ライセンシングジャパン」の台湾パビリオンに出展される台湾発のキャラクター(TAICCA提供)

(台北中央社)東京ビッグサイトで29日に始まるライセンス商談展「ライセンシングジャパン」に台湾パビリオンが出展され、台湾発の10キャラクターが登場する。台湾のキャラクターを日本に紹介し、商談の機会を探る。

台湾の文化コンテンツの国際化を促進する台湾クリエイティブ・コンテンツ・エイジェンシー(文化内容策進院、TAICCA)によると、出展されるのはストリートアートで知られる「バウンス」や、さまざまな具材を煮込んだ屋台料理「黒白切」から生まれた「ルササ」、台湾の動物をキャラクターにした「タイワニマル」など。

同イベントは7月1日まで。

(編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。