アプリで読む
ダウンロード

中国、台湾産マンゴーの輸入を停止 害虫検出を理由に 農業部「強い手段用いた」

2023/08/21 18:43

中国で対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)は21日、台湾産マンゴーから害虫のミカンコナカイガラムシが検出されたとして、台湾からのマンゴーの輸入を同日から停止したと発表した。農業部(農業省)の陳駿季(ちんしゅんき)政務次長は同日、中央社の取材に対し、中国は最も強い手段を用いたとし、国際規範に合致していないと批判した。一方、マンゴーは内需型の果物であるため、農家への影響は大きくないと説明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20