游国会議長「台湾死守の覚悟を」 国民に呼びかけ

2022/11/12 19:43:19
游国会議長「台湾死守の覚悟を」 国民に呼びかけ
游国会議長「台湾死守の覚悟を」 国民に呼びかけ

(台北中央社)游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)は12日、「死んでも台湾を守る覚悟があって初めて侵略者が戦争を起こすことを阻止できる」との考えを示し、先人に倣って高い防衛意識を持つよう国民に呼びかけた。

台湾独立・建国を目指す民間団体「台湾教授協会」主催の昼食会で述べた。游氏は、「台湾の防衛意識の乏しさこそが憂慮すべきことだ」とした上で、先人たちが旧日本軍との「乙未戦争」で見せた気概を取り戻すことが急務だと訴えた。

游氏によると、1895年の乙未戦争では、台湾の人々が無政府状態に陥りながらも5カ月余り持ちこたえたという。游氏は、自分はもう70歳を超えているが戦争は避けられないならば「敵と最後まで戦うつもりだ」と語気を強めた。

(温貴香/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。