技術流失防止へ規制強化 台湾、改正法案が可決 最大12年の懲役

2022/05/20 16:56

立法院院会(国会本会議)は20日、国家の安全保障に関わる技術の流出防止に向けて規制を強化する改正法案を可決した。外国や中国、域外の敵対勢力のために国家の重要技術を侵害することを禁じる内容が明記され、重要技術の営業秘密を不正に取得した場合には、最大で12年の懲役や不正に得た利益に応じた額の罰金が科される可能性がある。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。