戦闘機F16Vが台湾海峡に墜落 同型機の運用見合わせ

2022/01/11 19:58
今回の事故機=資料写真
今回の事故機=資料写真

(台北中央社)空軍司令部は11日、戦闘機「F16V」(ブロック20、1人乗り)1機が訓練中に南部・嘉義県沖の台湾海峡に墜落したと発表した。機体やパイロットの捜索が続けられている。空軍では当面同型機の運用を見合わせる。

空軍に配備されたF16は今回を含めこれまで9回、全損事故を起こしているが、改良型のF16Vが墜落したのは初めて。同部によると、当該機は午後3時23分ごろ、20度の角度でガンカメラを使って対地攻撃の訓練をしていた際、高速で海に墜落したという。

同部は、機体は1998年製造で、昨年12月に定期検査を終え、これまでに大きな故障はなかったと説明。当時の天候や視界は良かったとしてるが、脱出装置を使用したという目撃証言はなく、無線連絡もなかったとし、故障や人為的ミス、天候の影響などの可能性を含めて、原因を調査している。

(王承中、游凱翔/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。