中国軍機が台湾防空圏進入 新型給油機を初確認 国防相「敵情特に深刻」

2021/11/29 14:58

国防部(国防省)は28日、中国の軍用機延べ27機が台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したと発表した。新型の空中給油機「運油20」も初確認された。邱国正(きゅうこくせい)国防部長(国防相)は29日、「最近の敵情はとりわけ深刻であり、(防空識別圏進入が)止まったことはほぼない」と述べ、中国の狙いは国軍の力を消耗させていくことにあるとの見方を示した。立法院(国会)外交・国防委員会出席前に取材に応じた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。