中国の台湾侵攻、64%が「起きない」=台湾世論調査

2021/11/03 13:21
中国の台湾侵攻、64%が「起きない」=台湾世論調査
中国の台湾侵攻、64%が「起きない」=台湾世論調査

(台北中央社)台湾のシンクタンク、台湾民意基金会は2日、「両岸(台湾と中国)の軍事危機下における台湾の民意」と題した世論調査の結果を公表した。中国による台湾侵攻がいずれは起きると思うかという問いに対し、「そう思わない」が64.3%を占めた。「そう思う」は28.1%だった。

2019年の調査では、「そう思わない」が77.4%、「そう思う」が16.0%だった。

有事の際、米国が軍を派遣して台湾を支援すると思うかという問いでは、「あり得る」が65.0%、「あり得ない」が28.5%だった。日本が軍事的に支援すると思うかについては、「あり得る」が58.0%、「あり得ない」が35.2%となった。

調査は先月18日から20日にかけて実施された。20歳以上を対象に固定電話にかけて行われ、有効回答は1075件だった。

(翟思嘉/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。