天安門事件からあすで31年 台湾、民主化活動家の早期釈放を中国に訴え

2020/06/03 15:49

中国共産党が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で31年を迎えるのを前に、台湾で対中政策を担当する大陸委員会は3日、北京当局に対し、自由や民主主義に対する人々の期待を直視するよう呼び掛けた。また、2017年に中国で身柄を拘束された台湾の非政府組織(NGO)活動家、李明哲氏の早期釈放を訴えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。