アプリで読む
ダウンロード

【台湾あれこれ】台中の飲食業者、1.8キロの巨大ちまき販売 端午節の行事食

2024/05/12 18:59
飲食業者新天地餐飲グループが発表したちまき=中央社記者郝雪卿撮影
飲食業者新天地餐飲グループが発表したちまき=中央社記者郝雪卿撮影

台湾では旧暦5月5日の端午節(今年は6月10日)に、ちまきを食べる習慣がある。ちまきを手作りする人が年々減っており、各飲食業者はちまきの開発にしのぎを削っている。中部・台中市で結婚式場や飲食店を営む新天地餐飲グループは今年、1.8キロの巨大ちまきを販売する。

巨大ちまきは、煮込み豚足やアワビ煮、北海道産ホタテ、シイタケ、栗、卵の黄身の塩漬けなどの具材と味がしみ込んだおこわがハスの葉に包まれている。同社は1個を家族全員で分け合って食べられるとPRしている。

(郝雪卿/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104