アプリで読む
ダウンロード

寒波到来 台湾北部は気温上がらず 今夜からあす朝は中部以北で10度下回る可能性

2024/01/22 12:20
防寒着を着用して台北市内の松山区を歩く人たち=資料写真
防寒着を着用して台北市内の松山区を歩く人たち=資料写真

(台北中央社)中央気象署(気象庁)によれば、22日の台湾本島は寒波の影響で、北部では日中の最高気温が14~15度にとどまり、夜になるにつれて次第に気温が低下する。その他の地域は日中は気温が20度前後まで上昇するものの、午後には顕著に下がる見通し。22日夜から23日朝にかけて中部以北と北東部・宜蘭では7~9度、その他の地域では11~13度まで気温が下がると予想されており、気象署は防寒対策を呼びかけている。

また、午後以降は雨が降る範囲が広がり、北部や北東部では引き続き雨が降る他、基隆北海岸や宜蘭、台北都市圏の山地では局地的に大雨になる恐れがある。

22日夜以降は北部や宜蘭の標高1000~1500メートル以上の山地、中部や南部、東部の同2500~3000メートル以上の高山では雪が降る可能性もある。

気象署によれば、今回の寒波は23日から24日にかけてピークを迎えるが、影響は25日まで続くという。

(汪淑芬/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19