桃園メトロ、ルリチョウのキャラクター登場 関連グッズも販売/台湾

2022/08/17 16:05
桃園メトロ、ルリチョウのキャラクター登場 関連グッズも販売=写真は同社提供
桃園メトロ、ルリチョウのキャラクター登場 関連グッズも販売=写真は同社提供

(台北中央社)桃園メトロ(MRT)は16日、同社初のイメージキャラクター「鶇鶇」(ドンドン)を正式に発表した。台湾固有種の鳥、ルリチョウをモチーフにしたもので、関連グッズ5種類の販売も開始した。

紫の外見が特徴的なルリチョウは、海抜の低い山あいの川などに出没し、同社が運営する空港線の林口(北部・新北市)-山鼻(同・桃園市)間の丘陵地帯にも時折姿を見せる。

同社では昨年からルリチョウのキャラクターを車内にあしらった特別列車を運行していたが、今回正式にイメージキャラクター鶇鶇としてお披露目。「台湾のMRTで最もかわいらしい親善大使だ」とアピールしている。

7日間有効の定期券にも鶇鶇のイラストがデザインされた。また関連グッズには絵本や帽子、リュックサック、シールなどがあり、ショッピングサイトなどで購入可能。リュックサックは来月11日まで空港線台北駅など一部の駅でも販売する。

同社によると、鶇鶇は今後、不定期で列車内や駅などに出没するという。

(編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。