淡海LRT、光彩放ち夜空の下走る 3周年記念、JR九州とコラボ/台湾

2022/01/17 16:53
光を放ちながら走る淡海ライトレールの車両=中央社記者沈佩撮影 2022年1月15日
光を放ちながら走る淡海ライトレールの車両=中央社記者沈佩撮影 2022年1月15日

(新北中央社)北部・新北市淡水区を走る淡海ライトレール(LRT)で15日と16日の夜、開業3周年を記念し、JR九州とコラボレーションした特別列車が運行された。列車は鮮やかな光を放ちながら夜空の下を走り、見物客からは「美しい」と感動の声が上がった。

JR九州は昨年3月、「流れ星新幹線」を九州新幹線で実施。車両に照明装置を載せて走らせ、夜空を光で照らすというもので、新北メトロ(MRT)はこれを淡海LRTで再現した。新たな1年が「希望の光」で照らされることへの祈りが込められたという。

15日夜の記念式典に出席した侯友宜(こうゆうぎ)新北市長は、新型コロナウイルスワクチンが日本から昨年贈られたことに触れ、今回のイベントは台日間の固い友情を示すものだと語った。

15日のイベントの様子は淡海LRTのフェイスブックページで中国語と日本語の2言語で生配信された。上空からも列車を撮影し、美しさを視聴者に届けた。

(沈佩瑤/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。