ナウル大統領、台湾のWHO参加に支持訴え=総会特別セッション

2021/11/30 16:01

世界保健機関(WHO)総会の特別セッションが29日、ジュネーブで3日間の日程で始まった。ナウルのライノル・エニミア大統領は開会式にビデオメッセージを寄せ、世界が協力して新型コロナウイルス対策に取り組む中で台湾をこのまま軽視し続ければ、「公衆衛生上の緊急事態に対処する際の抜け穴を生むことになる」として、台湾の参加に対する支持を呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。