阿里山など観光名所の魅力を強化 コロナ後のインバウンド見据え/台湾

2021/11/29 19:11

交通部(交通省)観光局の張錫聡(ちょうしゃくそう)局長は28日までに中央社の単独インタビューに応じ、阿里山(嘉義県)や日月潭(南投県)など国際的に知られる名所の魅力強化を進め、新型コロナウイルス収束後の外国人旅行者誘客につなげたい考えを示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。