鹿児島で台湾フェア グルメ販売 観光情報発信や夜市ゲーム体験も

2021/11/28 17:25
鹿児島で開催された台湾フェアの様子=屏東県政府提供
鹿児島で開催された台湾フェアの様子=屏東県政府提供

(台北中央社)鹿児島県鹿児島市で26日と27日、台湾フェアが開かれた。ルーロー飯弁当などのグルメが販売された他、観光情報の発信や夜市のゲーム体験なども行われた。

九州に住む台湾系華僑による九州台湾商会や鹿児島銀行、鹿児島商工会議所が共催し、鹿児島銀行本店内にある商業施設で行われた。

来場した人々=屏東県政府提供
来場した人々=屏東県政府提供

参加した南部・屏東県は、パイナップルのドライフルーツやチョコレートの試食イベントを実施。始まってすぐ配布を終えるほど好評だったという。同県は、より多くの鹿児島の人々に屏東を知ってもらい、台湾と日本間の友情がより長く続くことに期待を示した。

(編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。