アプリで読む
ダウンロード

台湾、M6.7地震の余震相次ぐ 最大M5.6 今後1週間は要注意

2020/12/11 13:22

10日午後9時台から11日午前2時台にかけて、台湾東部の海域を震源とする地震が相次いだ。いずれも10日午後9時19分ごろに同海域で発生したマグニチュード(M)6.7の余震とみられる。中央気象局地震センターの陳国昌主任は、今後1週間以内にM4規模の余震が発生する可能性があるとの見方を示している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.66