台湾、7月から国内旅行喚起策始動 約865億円の経済効果見込む

2020/06/08 19:00

交通部(交通省)観光局は8日、台北市内で記者会見を開き、国内旅行の需要喚起策を発表した。旅行費補助や優遇措置などに39億台湾元(約144億円)を充てる。約638万人分の旅行需要を喚起し、約235億元(約866億円)の経済効果が生まれると見込まれている。実施期間は7月1日から10月31日まで。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた観光業の回復を狙う。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。