台湾新幹線、体温測定システム導入 37.5度以上は乗車控えるよう要請

2020/03/04 14:12

台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)は4日、新型コロナウイルス感染症の対策として赤外線による体温測定システムを順次導入すると発表した。体温が37.5度以上だった場合には、乗車を控えるよう求める。同日、桃園駅に2台設置しテストを開始した。4月末には全駅への設置が完了する見通し。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。